マラソン大会はいつもビリ

私は幼いころから食べることが好きでした。そして、幼稚園のころから太り始め、小学校高学年になると体重は90Kg近くになっていましたが、それでもいわゆる動けるおデブで体を動かす事は好きだったのでバスケやサッカーは得意でした。しかし、持久力はなく、学校の行事であるマラソン大会では毎年ビリでした。低学年のころは気にしていなかったのですが、高学年になってくると毎年ビリで走る自分に嫌気がさし、学校の生徒全員にばかにされているのではないかと感じるようになりました。
中学に入ってからも学校一のおデブというのは変わらず、もどかしい日々を過ごしていました、そしてあるとき同級生の女子に、太ってるからくさいんじゃない、と言われてとても傷つき、そこから人生初のダイエットに挑戦することにしました。
食事制限と運動でダイエットに取り組み始め、食事制限ではスナック菓子やアイスなどを食べるのをやめてバランスの良い食事、腹8分目を意識し、運動ではジムの方にプログラムを組んでもらい、周4日の運動を2年ほど続けていました。
結果的には25kg痩せることができ、高校などでの持久走でビリにならなくなったのがとても嬉しかったです。太っているときは自分に自信がなく人と話すことも苦手でしたが、自信がつき、今では人と話すことが好きになれたので、現在太っていて自分に自信のない方は一度ダイエットを経験してみてはいかがでしょうか。お世話になってるサイト>>>>>